やっと出会えた!!

もうかれこれ5年近く譜面を探し続けていた曲があります。


早坂文雄さんが作曲された「秋」というとても素敵な曲です。

ピアニストの小川典子さんが録音されたCDでその曲の存在を知り、なんとかこの曲を自分でも演奏したいと、無謀にもCDの販売元、小川典子さんの所属している音楽事務所に問合せをし、楽譜を入手したいというお話をしたのですが、小川さんのマネージャーの方から、CD録音の際、使用した楽譜は返却してしまい、手元にない、、、とのお返事をいただき、それ以来もう楽譜は手に入らないだろうと半ば諦めていました。


しかし!紆余曲折、いろいろな方のお力をお借りして、ついに今日、その楽譜が保管されている「近代音楽館」に行き、その譜面を見ることができました。

私が前回ツテをたどって現代音楽館に問い合わせをした時にはちょうど現代音楽館が移転をする時期だったためか、早坂文雄の譜面はありません。。との回答をいただいていたのでした。


楽譜はマイクロフィルムに収められており、この写真の機械でフィルムを白い画面に写しながらリールを巻いて見ていくのですが、一つのリールに何十曲もの曲が収められているものもあり、探している曲にたどり着くまでドキドキしながらリールを回し続けました。

あと、ひと巻きかふた巻きしたら「秋」が出てくる。。。というところでしばし手を止め、深呼吸をしてゆっくりゆっくりリールを動かしました。



ついにその曲の譜面を見ることがかなった時には鳥肌が立ちました。

やっと会えた。言葉にするのはなんとも難しい嬉しいのだけれど、冒険が終わってしまったような寂しさもあり、、、でもやはり、嬉しい!


草稿譜、初稿譜もそのフィルムに一緒に収められており、その書き込みの多さ、走り書きのようなエネルギーがほとばしる筆致から作曲家がその曲に込めた想いが溢れでてくるようで、しばらくじっと譜面を眺めていました。


貴重な資料ということで即日その譜面を手に入れることはできなかったのですが、あと2週間もすればその楽譜が私の手元にやってくると思うと、ピアノで音を出す瞬間が待ち遠しくてなりません。


探していたこの譜面以外にも素敵な曲をたくさん発見し、あれもこれも。。。と欲張ってたくさん資料請求してしまいました。いつ、どこでこれらの曲をお披露目できるか。。。まだ決まっていませんが、その時には今日、楽譜と出会ったこの感動をも曲に込めて皆さんにお届けしたいと思います。